取引手法も豊富だから安心

FX初心者でも簡単にできる投資がFX。世界中のマーケットで自分の好きな時間帯に取引できるというのが魅力。短期でも長期でも、はたまた一瞬のトレードでも、取引手法があります。

数秒で勝負が決まる!?

外為取引(FX)の用語に「スキャルピング」というものがあります。

「スキャルピング」とは、僅かな利幅を狙って細かく売買を行って、小さな利益を積み重ねていく取引手法になります。

簡単にイメージするとすれば、「デイトレード」のさらに細かい版と考えると比較的わかりやすいかもしれません。

「スキャルピング」では1日数十回から多いと1日数百回もの取引を行う場合もあります。

「スキャルピング」を実践する為のポイントとしては、取引手数料の低い業者を選ぶことが重要です。

説明の通り、「スキャルピング」は非常に細かい取引を数多くこなして利益を稼いでいく手法になります。取引1回に係る手数料が高いと、中々利益を積み上げていくことが難しくなります。

そこで「スキャルピング」による取引を行う場合には、より手数料、スプレッドの小さい業者、かつ、よりスプレッドの幅が狭い通貨ペアを意識的に選択していく必要があるでしょう。

「スキャルピング」は、FXで頻繁に行われている取引手法のひとつです。

荒れる相場には要注意

ただし、注意する点は、突然の相場変動で価格(レート)が大きく上下する場合があり、一瞬にして積み上げた利益が”パー”になってしまうこともあります。

そうしたリスクを抑えるためには、「損切り」するレートをあらかじめ決めておき、ストップロス注文を入れておくことが大切です。

損切り幅は人によってまちまちですが、長く相場で戦えるような資金管理も大事です。 一発大負けしたり、損切りミスをして、資金の大半を失わないようなマネージメントが求められるのです。

汗水垂らしてヘコラヘッコラ働いて、チビチビ貯金してもちっともお金が貯まらない・・・。こんな経済が不安定な社会ですから所得の大幅アップも見込めません。副業でもやろうかと言ってもなかなか良い職が見あたらない。そんな場合は「投資」も含めた資産活用・運用を考えてみませんか?